報告

2017年7月 9日 (日)

24条が、安倍政権と改憲右派に狙われる理由

7日(金)、「24条変えさせないキャンペーン」https://article24campaign.wordpress.com/主催のシンポジウムに参加してきました。

<まやかし「加憲」も「改憲」も、どっちも危ない!-24条が、安倍政権と改憲右派に狙われる理由>と題して、文化人類学の山口智美さん、家族法/憲法学者の清末愛砂さん、弁護士で夫婦別姓訴訟弁護団事務局長の打越さく良さんの三人が、それぞれ20分程度で経緯や問題点を語りました。

「加憲」だったら、今ある憲法に足すだけだから、それほど問題ないだろうと考えるのは大間違いということがよく分かりました。

あとから出来た条文の方が優先される「後法優先原則」というのが法学の常識で、9条に3項を足すということは1項、2項の「死文化」になるのだそうです。

そして、24条を変えたい勢力が、どれほど時代に逆行した家族観、男女間(「ジェンダー」観とも言えない。そもそも、「ジェンダー」という概念が共有されていないだろうな)を持っているか、それでなくても、まだまだジェンダーフリー途上国である日本で、明治憲法的、家制度が法的に復活したら、いままで長い時間をかけて積み上げてきた人権が、ちゃぶ台返し的にひっくり返されるだろうという怖さがよく分かりました。

そして、「家庭教育支援法案」というのが、家庭・地域の教育力向上をめざすとか、まあ、なかなか文句付けにくいような顔で、国が家庭に介入するさまざまな取り組みの根拠となるようで、これは要注意と知らされました。

小学校では来年度から、中学では再来年度から教科となる「道徳」で家族の問題は大きなウェイトになるはずです。

児童文学にとっても、家族はとても大きなテーマ。

私たちは、文句の付けにくい「家族の大切さ」に、国家権力の牙が潜んでいないか、知恵を付けて注視していかねばならないでしょう。

それから、全権委任法、もとい「緊急事態条項」も、とんでもない。

今でさえ数に任せて好き勝手している政権にフリーハンドを持たせるなんて、もうほんとにとんでもない。

法制度などは、ほんとに難しいから、あれこれ学習会などで専門家の話を聞くのが良いですね。

2017年5月22日 (月)

沖縄へ行ってきました

児文協沖縄支部主催の学習会に参加するために、土日を沖縄で過ごしました。

第1部は藤田のぼる氏の講演「児童文学と教科書をめぐって」

第2部は詩人・作家の大城貞俊さん、琉球大学教授の武藤清吾さん、児文協沖縄支部長池宮城けいさん、そして藤田さんの四人がパネリストとして並び「子どもの本の可能性 幼年に平和は伝えられるか」というテーマで話すという企画でした。

この学習会は今年3月に児文協「子どもと平和の委員会」と「子どもの本・九条の会」の共催で開いた学習会を沖縄でも聞きたいということで企画されたものです。

藤田さんのお話は3月にも聞きましたが、第2部は沖縄で開いたからこそのパネリストで、本当にいろいろと考えさせられました。

ちょっとここでは簡単に書けません。

6月10日に、<子どもの本・九条の会>9周年記念イベントの中で作家濱野京子さんと「公開おしゃべり 児童文学は社会にどうコミットするか」で少し話せたらと思います。

日曜日、辺野古に行きたいという私に一日Kさんが付き合って、案内してくださいました。

辺野古は工事も抗議も日曜日で静かなものでした。

キャンプシュワブのゲート前テントにはお二人しかいませんでしたが、カンパして、ニコニコマークのキャンディを差し入れしましたら(そのつもりで持参)、さすがに気が塞ぐときもあるのだと、大変喜んで頂けました。

人数の欲しい平日の座り込みにはなかなか来られないので、代わりに国会前に行きます、と言った私です。

写真は、マスコミの人たちの撮影スポットでもあるという元灯台あとの高台から望んだ大浦湾です。

20170521


途中、昨年米軍軍属に殺害された二〇才の女性の遺体が遺棄されていたという所にも連れていってくださいました。

たくさんの飲み物やお花が供えてありました。

置かれたばかりと思われる花束もありました。

車中でKさんとたくさん話せたことも、今回の旅の大きな収穫でした。(貴重なお休みを付き合わせてしまいましたが・・・)

2017年4月 8日 (土)

日本ペンクラブ主催「共謀罪は私たちの表現を奪う」

昨日、日本ペンクラブ主催の表題集会に行ってきました。

1人約5分~10分×14人。私は、三人目の内田麟太郎さんの途中から入場し12人の方の発言を聞きました。

あらためて「共謀罪」の怖さがわかるお話しが、それぞれの足場から具体的に、時にユーモアいっぱいに、豊かに語られました。

森達也さんの発言で、「共謀罪」は、私が学び、心打たれそれを芯にしたいと思ってきた人間観に真っ向から反するということがはっきりわかりました。

例えば、銀行強盗を計画し、下見に行き、やっぱり止めようとなったとしても、「共謀罪」はそれを罪とする。

この法律は人間の可塑性を許さない。

また、組織の一員ということで罪に問うのは、全体でレッテルを貼る(トランプがメキシコ人ということで悪と決めつけるように)ことで、一人一人を見ない。

人は変わる。

人は一人一人違う。

 これは、私が大田堯先生から学び、そして今縁あって身を置いている教育の現場が基本理念として大切にしている人間観です。

「共謀罪」を四度目の廃案にするために、できるだけのことをせねばと焦るように思います。

以下、日本ペンクラブのツイッターにそれぞれの発言者の要所要所が紹介されています。

https://twitter.com/JapanPen?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.japanpen.or.jp%2F

Photo
本当は寝ていたい。

2017年3月28日 (火)

映画「ヨーヨー・マ 旅するシルクロード」 よかった!

「ヨーヨー・マ 旅するシルクロード」http://yoyomasilkroad.com/を観ました。

よかった。

すごくよかった!

予告編で音楽に興味を持って観に行ったのでしたが、それはもちろんとてもよかったけれど、それだけではありませんでした。

銃弾と飢えの前で芸術に何ができるのか、と思ったとことのある人に薦めます。

偏狭なナショナリズムにうんざりしている人に薦めます。

文化とは何か、

伝統とは何か、

大地に根を下ろすとはどういうことか、

などなど、ヨーヨー・マ始め、登場アーティストたちの言葉が深く、ほんとに観て良かったと思いました。人間って捨てたもんじゃないとわくわくしました。

ロックの起源と豪語する、中国の人形劇団のおじさん(おじいさん)たちの演奏も一見の価値あり

2017年3月26日 (日)

シンポジウム「沖縄の情報は本当に伝えられていないのか」

寒い日曜でした。

丸木美術館で開かれている特別展「美しければ美しいほど」http://www.aya.or.jp/~marukimsn/の関連イベントとして開かれた表題シンポジウムに行ってきました。

●シンポジウム「沖縄の情報は本当に伝えられていないのか」
3月26日(日) 15時より 予約不要・無料(入館料別途)
登壇者
伊藤守(メディア研究/早稲田大学教授)
津田大介(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)
毛利嘉孝(社会学/東京芸術大学教授)
新垣毅(琉球新報社東京報道部長)
モデレーター 木村奈緒(フリーライター)
共催 早稲田大学メディアシティズンシップ研究所

以下、それぞれのご発言から特になるほどと思ったところを挙げておきます。(西山理解による言い換え、お許しください。)

津田大介氏

この5年間でスマホユーザーは7倍以上、ツイッター利用者は6倍以上に膨らんでいて、それまで調べた(検索した)人に対してしか情報を発信できなかった発信不得手のネットが、

情報が勝手に目に飛び込んでくる様な形で発信できるようになった。

そんな状況の中、客観的事実より感情的訴えを重視する「ポスト真実」が幅をきかせるようになっている。かつては見向きもされなかった所行、考え方に一定の支持が集まるようになっている。

真実は一つではないというポストモダンの考え方を政治家が言うようになったという一言は非常に気になる指摘でした。

毛利嘉孝氏

たくさんのデータを示されて、「日本人は報道をものすごく信用しているけれど、世界は日本のメディアを信用していない」というご発言が、おもしろかったです。

世界の新聞売り上げベストテンに日本の新聞が5紙だったか、入っているんですね。

しかし、新聞を読む時間もテレビを見る時間も各世代減っているというデータも示されました。

伊藤守氏

ニュースを見たり聞いたりする手段の変化によって、沖縄の情報にたどり着くためにハードルが増えている人と、容易になっている人と分極化が進んでいる。

広告の文字が目に飛び込んでくるだけで言論空間が変わっていくという指摘は、本当にそうだろうと思いました。電車のつり広告が吐き散らしているヘイトタイトルは、空間に嫌な空気をまき散らしていると思います。

琉球新報の新垣毅氏による、三氏の報告を聞いての発言は本当によかったです。

まず、沖縄と本土の「温度差」という表現がよくされるが、この言葉大嫌い。自然現象のように言っていて嫌いだという発言にはっとしました。「戦争になって」のような、戦争を季節みたいに言う表現には反発していましたが、私自身「温度差」という言葉を無自覚に使ってきた気がします。猛省。

氏は、「温度差」ではなく、それは歴史認識の違いだと明言されました。

沖縄戦から考えるのか。

中韓脅威論に立って、国益に反する沖縄は国賊だと考えるのか。

しかし翻って自分が沖縄戦をきちんと伝えられているかというと、それが実に難しい。

沖縄戦の体験者は、その経験が惨すぎて話せない。取材に行って水を掛けられたとか、それでも食い下がってようやく20分?だけ、もう二度と話さないと言われたり。

話者の涙と沈黙から、沖縄戦を感じ取る訳だが、それを言葉で文字にしたところで無味乾燥なものになってしまう。しかし、映像など芸術が(涙や沈黙から受け取ったものを)伝えてくれる。

今起きていること、本質に迫る努力、探求することはできる。

この新垣さんのお話しは、児童文学の立場で考えさせられるものでした。

沖縄の情報を得るため、日本の今を知るため、琉球新報や沖縄タイムスを講読することがとても有効であることが、津田さんから繰り返し提案されました。

6月10日、11日<子どもの本・九条の会>九周年記念イベントでは、初日午後、琉球新報政治部長・島洋子さんにお話しいただくことになっています。

後日詳細お知らせします。

20170326_8
内容と関係ないよう♪

2017年3月20日 (月)

ことばはどう抑え込まれていくのか

「日本児童文学者協会子どもと平和の委員会」と「子どもの本・九条の会」共催の学習会、大盛況でした。

藤田のぼるさんは、1980年の国語教科書攻撃と、それに対する抗議の経緯を中心に話されました。

「偏向」していると攻撃された「おおきなかぶ」と「かさこじぞう」が全文朝日新聞に載るに至るほどの大きな「事件」の、抗議の中心だった日本児童文学者協会の事務局にいて多くのマスコミに対応した実感から、抗議の声を上げることの重要さを説かれ、実に納得しました。

マスコミは「〇〇は・・・・と言っている」というスタンスで情報を発信するため、抗議側が声を上げないと、一方の主張だけになってしまうのです。

古田足日さんからの提案で、迅速に抗議声明も出されたとのことでした。

そしてまた、古田さんはこの出来事をきっかけに、子どもが本を読む意味を考え続け、文学を読むという「美的体験」の大切さを語るようになったとのご指摘。

ああ、それは、求めていた「戦争児童文学」についても言える、というか、それがとても大事なポイントだったのだと今更ながら自覚させられました。

その、古田足日さんの平和への思いについて、以下のような機会を控えております。

以下、教文館ナルニア国HPイベント情報より抜粋です。

童心社60年展―ずっと子どもと もっと子どもと― 関連イベント(主催:教文館ナルニア国)

西山利佳さん講演会
“「古田足日」というバトン〜平和を作る児童文学を創るために〜”

日時:2017年4月5日(水) 午後6時~7時30分
会場:教文館6階ナルニア国内 ナルニアホール
定員:40名
参加費:1000円 ※当日受付でお支払いください。

【申込方法】
★ナルニア国の店頭でもお申し込みいただけます!
参加ご希望の方は、お電話でナルニア国へご連絡ください。
定員に達した時点で受付を終了します。
申込み電話番号:03-3563-0730 (午前10時~午後8時)

その他のカテゴリー